2018年10月23日

2018年10月13日(土) あすみんミュージアム書道体験

DSC_0909.JPG


皆さんで14名の書道体験会となりました。
初めての方は、
「展示を見て書きたくなった」
「楽しくされているようだったから気になって来た」とのこと。

基本も大切にしながら
『個性のある楽しい書』を毎月行っている百千鳥書道部として
素敵な褒め言葉をいただいたと思いました。

集中する時間や休憩する時間、
時におしゃべりを楽しむことのできる空間を
みなさんが作って楽しんでくださったと感じています。

Image from iOS (2).jpg



PICT_20181013_153907.JPG

この日の皆さんの作品です

PICT_20181013_154332.JPG

自宅に飾っていただける色紙や唐紙などもご用意しました


最後はあすみんミュージアムに展示していた作品の片付けも
お手伝いしていただけたりと、
この短時間の出会いで一体感をを感じたスタッフでした。
みなさまありがとうございました!


《あすみんミュージアム展示の書》

IMG_5824.jpg

書道部でご指導いただいている先生の作品



Image from iOS (7).jpg

百千鳥書道部員の書

Image from iOS (5).jpg

掛け軸に飾ったり、ミニキャンバスに書いてみたり

Image from iOS (4).jpg

季節の風物詩を団扇に書いたり

Image from iOS (3).jpg

干支の書を年賀状に書いたり

思いおもいに楽しんでいます♪

次にお会いできますのは
月に一回の昼または夜書道部です。
その時節に合わせたお手本を準備しております。
またどうぞお気軽にお越しください!

posted by NPO百千鳥 at 22:01| イベント報告 | Event Report

2018年09月08日

イベントリポート 親子でつくる和菓子教室

HP IMG_3209.jpg

2018年8月26日(日)に「親子でつくる和菓子教室」を開催しました。

プロの和菓子職人さんから指導を受けながら和菓子づくりを体験できるこのワークショップは、毎回キャンセル待ちが出る百千鳥の大人気イベント。
今回は5〜13歳のお子さん14名とその保護者の方10名、計24名が参加しました。

最近は食べる機会が減っている和菓子ですが、若手の職人さんと直に触れ合うことで日本のものづくりの楽しさと難しさを学んでほしいと願って開催しています。

講師は福岡市の和菓子舗「鮹松月(たこしょうげつ)」の四代目、松尾和明さんと、大分県中津市の武蔵屋総本店(むさしやそうほんてん)の四代目、一木武志さん。
若き四代目のお二人は、百千鳥の講師として出会って以来、お互いに刺激を受け切磋琢磨を続けている名コンビです。


IMG_3015.JPG

今回は夏休みの開催ということで、「夏のしずく」というテーマで、寒天を使った冷たい和菓子「錦玉羹(きんぎょくかん)」作りに親子で挑戦していただきました。

まずは職人さんが錦玉液(きんぎょくえき)の作り方を実演します。
糸寒天を大鍋で溶かし、砂糖を入れて粘りを出します。糖度を測る糖度計をのぞかせてもらって、子どもたちも緊張の面持ちです。


☆IMG_3101.JPG


次に、錦玉羹の中に入れる具を作ります。
色鮮やかな羊羹や、つくね芋で作った薯蕷餡(じょうよあん)を抜き型で抜いていきます。
モチーフは金魚にカニ、蝶にカモメ…と、夏にまつわるものがたくさん。


☆IMG_3162.JPG


この時点で、もう子どもたちはうずうず。「早く作りたい!!」の声があちこちから上がります。

職人さんがすると簡単そうに見える型抜きも、実際にやってみるとなかなか難しいもの。
慎重に型を抜いて、抜き型を吹いて取り出す姿は真剣そのものです。


☆IMG_3119.JPG


☆IMG_3135.JPG


☆IMG_3137.JPG


☆IMG_3138.JPG


☆IMG_3134.JPG


☆IMG_3133.JPG


きれいに型を抜いたら、錦玉液を満たしたカップに具材と餡玉を入れていきます。
できあがりをイメージしながら、液が固まる前にすばやく入れていきます。


☆IMG_3175.JPG


☆IMG_3182.JPG


最後に冷やした錦玉羹をカップから抜いて完成です。
カップから透明な和菓子がつるんと現れた瞬間、「きれい!」「すごーい!」と歓声が上がります。
思い思いの夏の思い出を閉じ込めた「夏のしずく」が出来上がりました。


☆IMG_3188.JPG


☆IMG_3186.JPG


☆IMG_3242.JPG


最後に、自分の作った和菓子をお茶室で抹茶と一緒にいただきます。
自然光の和室で眺める和菓子は、蛍光灯の下とはまた違った色合いを見せます。
抹茶が運ばれてくるあいだ、自分の和菓子をうっとりと眺めたり、お隣さんと見せあいっこしたり。
大満足なひとときとなりました。

☆IMG_3193.JPG


IMG_3205.JPG


☆IMG_3200.JPG


参加者の感想を一部ご紹介します。

【保護者の感想】

・スタッフの皆さまのお声掛けやご対応が大変気持ちよく、とても楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。

・楽しい和菓子とお抹茶で幸せな時間でした。

・和菓子について詳しく知った。

・みなさんやさしく教えてもらって、とても楽しかったです。

・型抜きが楽しかった。今までの練り切りとは種類が違ってて、興味深かった。

【お子様の感想】

・練りきりの型抜きがとても楽しかった(9歳・男子)

・はじめてわがしをつくったけど じょうずにできたのでうれしかったです(6歳・8歳女子)

・今日初めてここまで来て、和菓子を上手に作れたから嬉しかったです(5歳・男子・7歳女子)

・和菓子うまい(6歳・男子)

・可愛く楽しく和菓子を作れてうれしかった。どんな味になるのか楽しみになりながら作れた(8歳・女子)

・つくったおかしがおいしくて、また作りたいと思いました(12歳・男子)

・詳しく説明してくれたので分かりやすかった(8歳・男子)


・楽しかった(6歳・男子)


この子ども向け和菓子講座「自分だけの和菓子をつくろう」は、日本の食を通して四季の移り変わりを感じる豊かな心を育みながら、作り手との交流を通して食への感謝の心を育むことを目的としています。

本講座では、小さなお子さん達にもきめ細かい指導を行うため、プロの職人さんや多くのボランティアスタッフにご協力いただきました。また、高品質なプログラムをできるだけ身近な価格でご提供するため、未来を担う夢を持った子ども達を育成する「こども夢基金」の助成金を得て開催されました。
この場を借りて御礼申し上げます。

josei_hyouji_2.jpg

この体験がこども達にとって将来の夢や職業、食の大切さを考えるきっかけになれば幸いです。
















posted by NPO百千鳥 at 18:11| イベント報告 | Event Report

イベントリポート 大人の和菓子づくり体験

HPIMG_3221.jpg


このレポートは、普段は裏方として参加しているスタッフが、どうしても和菓子作りがしたかったため参加者側に回って、その体験を元に書きました。

夏の和菓子イベント、午後は大人向けの教室でした。
錦玉の「風鈴」と、練り切りの「朝顔」の2種類を教えていただきます。


☆IMG_3295.JPG


講師は、一木武史先生。大分県中津市で今年94年目を迎える老舗和菓子店「武蔵屋総本店」の四代目です。

初めに「風鈴」を作ります。
まずは講師の先生に作り方のお手本を見せていただきます。
プロの和菓子職人の手元に自然に目が吸い寄せられ、20名を超える参加者が息をのんで見つめます。


HP IMG_3277.jpg


中に入れる型抜きした練り切りの朝顔の花や、羊羹で出来た葉は準備していただいていました。

まずは器に1/3ほど、人肌程度に冷ました錦玉を流し、大納言小豆を風鈴の芯に見立てて入れます。
そしてその上に練り切りの短冊を立てるのですが…これが難しいっ!
小豆の上にまっすぐ立てるのは至難の業です。
先生はあんなに簡単に立てていたのに。
すぐに横に倒れてしまったり、触りすぎてちぎれてしまったり…。
あちらこちらで声が上がります。
そんな中、上手に立てられる人もちらほら。
才能あるんですね。

IMG_3285.JPG


そうこうしている間に錦玉が冷えて、どんどんと固まってしまいます。
朝顔の花と葉も入れなければいけません。
時間との勝負もあって、手元が震えます。


IMG_3287 (1).JPG


ふぅ…。
なんとか朝顔を配置し、上まで錦玉を流し、冷やしに入ることができました。
器から出した時に、360度どこから見てもきれいに見える錦玉製の風鈴になるでしょうか?
楽しみと不安と半々です。


錦玉を冷やしている間に、次の「朝顔」の作り方のデモンストレーションです。
今回は赤色と紫色の2色を作ります。
ちなみにこの鮮やかな色はどちらも天然色素でつけられたものなので安心安全です。


IMG_3306.JPG


先生の鮮やかな手さばきに見惚れた皆さんがカメラを取り出して撮影タイム。
一木先生は少々照れておられました。


IMG_3309.JPG


いざ実践。
まずは花弁のグラデーションを作るために、色のついた練り切りを光が透けるくらい薄くなるように、丸棒という道具で叩いていきます。
これがまた加減が難しいのです。
叩きすぎて突き抜けて破れてしまう人も。
(でも、この時点では練り切り餡なのでやり直しができます。)


IMG_3320.JPG


薄くなったところに白の練り切りを入れて、きれいなグラデーションになるように、更にそぉっとそぉっと丸棒で叩いていきます。
本当に繊細な作業。
普段緩み切った気持ちを針のように細くしていかないと上手にできません。
(この段階で失敗するとやり直しはしにくいそうです。)


IMG_3327.JPG



グラデーションに仕上げた練り切りに包餡して丸く成型できたのですが、しかしまだまだ難題は続きます。
次は「もみあげ」という作業で円錐型にしていきます。
手のひらを花の形を作るように合わせ、その真ん中に成型した練り切りを置き、手を動かしながら細かく回していくのですが……ま、回らないっ!


IMG_3325.JPG


IMG_3302.JPG


先生の手の中ではあんなに軽やかに回っていた練り切りが、自分の手の中では不器用に動くばかり。
いや、不器用でも動くのはまだましな方で、動かなかったり、落ちそうになったり、皆さん悪戦苦闘しています。

なんとかかんとか円錐型に成型した後は、隣の人と少し共同作業。
練り切りの上にかけた晒し布巾を隣の人にピンと張ってもらい、上から竹ひごで押し込み、花の窪みを作ります。


IMG_3334.JPG


押し込まれた際の布巾のしわが、自然な花びらの模様となり、がぜん朝顔に見えてきます。
スプーンで模様をつけて、朝露にみたてた小さな錦玉を上に載せます。
そして小田巻という道具で、緑の練り切りを押し出してツルを作るのですが、この押し出す作業がまた楽しい!
ぐっと押すと、モンブランのクリームのような、細い麺状のものが出来上がります。
あまりに快感で、これだけをずっとやっていたくなりましたが、そうともいかず、ツルを花弁の上にくるっと巻きながら置き、羊羹を型抜きした葉を載せて「朝顔」の完成です!


IMG_3337.JPG


IMG_3338 (2).JPG


最後に、冷えて固まった錦玉を器から出す作業です。
指に水をつけて、グイッと押し込み、手の中で振って出す…はずだったのですが、これが最後の難関。
出ません。
振っても振っても手の中に錦玉が落ちてこないのです。
困ったので、午前の部の講師で、午後はアシスタントをしてくださっていた、「鮹松月」の松尾和明先生にヘルプをお願いしたところ、1,2回振っただけで魔法のようにするっと出してくださりました。
何気なくやっておられますが、職人の技はすごいです。


IMG_3341.JPG


全工程が終わった後は、隣の茶室に移動し、お抹茶と一緒にいただきます。


IMG_3344.JPG


ここまで苦労して作った和菓子をお腹に収めることに、少し物悲しさも感じますが、一方で自分が作ったものだけにいつも以上に味わい深いです。
作り立てだということもあるでしょうが、思い入れも含めて美味しくいただけました。


IMG_3367.JPG


実際に初めて自らの手で和菓子を作ってみて思ったのは、これだけの材料と、これだけの行程と、これだけの技が、このたった3cm程度の小さな和菓子ひとつに込められているんだなということです。

デモでは簡単に見えた作業は、いざ自分たちがやってみると本当に上手くいきません。
元より和菓子は好きでしたが、これからは作ってくださる職人さんたちに敬意も抱きながら、美味しくいただくことにしましょう。
ありがとうございました。

以下、アンケートから抜粋した参加者の感想です。

いろいろと難しいポイントがあるのが良かったです。楽しかったです。(30代・女性)

・はじめての和菓子づくりでしたが、とても楽しく体験出来ました。講師のお二人もとても気さくに教えてくださり、難しそうな作業もなんとかできて試食もできてよかったです。また次回開催がありましたらぜひ参加したいです。(30代・女性)

・作りやすい段取りで作業しやすかった。抹茶と作った和菓子を和室で頂けてよかった(40代・女性)

・個別に質問できたり、お話しできたりよかったです(40代・女性)

・プロの技を目の前で見れて感動した。難しかったが、皆で楽しく作れてよかった!(16歳・女性)
・職人さんのすごさを身をもって体験することができた(19歳・男性)




posted by NPO百千鳥 at 13:54| イベント報告 | Event Report

2018年08月03日

イベントリポートこども記者〜柳橋連合市場へ行く〜

0IMG-5301.jpg


今年で3回目を迎える「こども記者〜柳橋連合市場へ行く〜」が2018年7月28日(土)に開催されました。
子どもたちが新聞記者となって市場を取材するこのワークショップでは、市場の面白さや日本の食文化を知ってもらうこと、「実際に自分で話を聞いて、事実を文章にして伝える」ことを通して表現力を育てることを目的としています。
今年は9歳から16歳までの13名が、百周年を迎えた「柳橋連合市場」を取材しました。
(このイベントは国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ基金」からの助成を受けて開催されています。)


DSC04440.JPG


緊張気味の面持ちで集まった子どもたち。
まずはミニゲームで緊張をほぐします。


2DSC04432.JPG


今回は、麻生公務員専門学校の学生さん7名がサポートスタッフとして加わり、一緒にワークショップを盛り立ててくれました。
参加者や学生スタッフさんからも笑顔がこぼれ、会場は一気に和やかな空気へと変わります。


6DSC04411.JPG


8DSC04423.JPG


ワークショップの講師は、比治山大学の講師である松島暢志先生が務めました。
発達心理学の専門家であり、大学でもレポート指導をしている松島先生は、わかりやすい説明で子どもたちの考える力を引き出してくれます。


3DSC04455.JPG

はじめに「こども記者の心得」を子どもたちに伝授します。

 一、元気よくあいさつする
 二、取材の前に、どんなことを聞くかを決めておく
 三、取材する人とお店の名前をまちがえない
 四、写真を取るときは、相手の許可をもらう
 五、きちんとお礼を言う

取材をするうえで基本的なことを確認しました。


4DSC_1004.JPG

取材をするにあたっては、どんな質問をするか前もって考えておくことも大事なことです。

新聞記事には自分の感想を書くのではなく、見たり聞いたりした取材した事実を書くこと。
その事実は5W1H(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)に分けられること。
この5W1Hの情報が集まるような質問にすること。
などを意識して質問項目を決めていきます。

考える際に役に立つのが、考えたことを目に見えるようにするためのマインド・マップ。
ちゃんと5W1Hが聞けているかどうか、目の前のマップでチェックできます。


7DSC_1002.JPG


これを念頭に置きながら、子どもたちは質問したいことを考えていきます。
何を質問すればいいのかわからないときには、学生スタッフさんも一緒にアイディアを考えます。

行き詰まって時が止まったときも、講師のアドバイスをきっかけに次々と質問したいことがあふれ出てくる場面もありました。
取材ノートが完成すると、子どもたちのやる気スイッチがオンになるのが伝わります。



11DSC04458.JPG

10IMG-5265.JPG


市場特製のお弁当を食べたら、取材ノートとカメラを持っていよいよ市場へ出かけます。


元気な声であいさつした子どもたちでしたが、初めて会うお店の人にちょっと緊張気味。
ぎこちなく質問する子どもの顔を市場の方が優しい眼差しで、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいます。
魚屋さんの大きな水槽や、商品を作る機械のあるお店の裏側を見学させていただくと、子どもたちの目がキラキラ輝きはじめました。


12IMG-5278.JPG


13IMG-5275.JPG


14IMG-5271.JPG

16IMG-5291.JPG


15IMG-5300.JPG


取材が済んだら、お買い物体験です。
この頃にはお店の人とも打ちとけて、予算を相談しながら、値段交渉したり、おうちの人に電話しながら買い物したりする様子は、小さな仲買人さんのようでした。

さあ、ここからもうひと頑張りです。


17IMG-5323.JPG


取材した内容を、はじめに作ったマップ上にどんどん書き出して貼っていきます。
結果が目に見えるので、取材した実感が沸きます。


18DSC_1038.JPG


18IMG-5334.JPG


取材は二人一組でしましたが、ここからは一人ひとりの作業。
同じお店で、同じことを聞いてはいますが、それぞれの興味関心は異なるので、だんだんと「自分だけの新聞記事」になっていきます。

まずは「自分が一番伝えたいこと」を選び、それを表現するための「見出し」を考えます。
そして、「そのために必要な情報はどれか」を選び出し、いよいよ記事を書いていきます。


IMG-5320.JPG

書き出しに悩む子、文章を書くのが苦手な子もいらっしゃいました。
作文が好きじゃないというお子さんの中には、せっかく書いた文章を大人からダメだと言われるのが嫌で作文が苦手になったというお子さんも多くいます。
そんな子どもたちをスタッフが全力でサポートします。

百千鳥のスタッフは、「否定をしない」「しっかり褒める」「手を出しすぎず、子どもたちのやる気を引き出すアドバイスをする」よう心がけています。

その子が書きたいことをちゃんと表現できるように、見守るスタッフの目は、真剣でありながらあたたかいものでした。

苦心して記事を書き、写真を貼り、文末に記者名を署名して、ようやく自分だけの新聞記事が完成しました。

達成感に満ちた子どもたちの笑顔がこぼれます。


1DSC_1053.JPG


一山越えてスタッフがほっとする瞬間です。

新聞が完成したら、再び市場へ。
取材させていただいたお店に、作った新聞をプレゼントしにいきます。


20DSC04495.JPG


21DSC04491.JPG


お店の方が喜んでくれる姿に、子どもたちも達成感と喜びを新たにしました。

終了後に迎えにきてくれた保護者の方に、どんなお店にいったか、お店の方がどんなに優しかったかをうれしそうに語る子どもたちの姿が印象的でした。


最後になりましたが、今回取材に協力してくださった市場のみなさまに心より感謝申し上げます。

右近商店
鮹松月
仲西鮮魚店
中弥
八百谷
やまくま蒲鉾店

4DSC04454.JPG

柳橋連合市場理事長の古賀さんが、市場についてお話ししてくださいました。

また、今回スタッフとしてご協力くださった麻生公務員専門学校のみなさまに心より御礼申し上げます。

DSC04499.JPG


将来公務員を目指す学生さんたちにとって、子ども達と真摯にかかわり、地域文化に触れることが良い体験になればと願っております。

みなさんの感想の一部をご紹介します。

【保護者の感想】

・お土産が思ったより多くて良かったです。晩御飯に食べながら今日の話を聞きました。友達同士の参加もいいが、知らない子とのペアが新しい発見があり、いいと思う。

・知らない学校の方や大人の方とふれ合いながら新聞作りのための勉強はもちろん、社会のルール等も学べたのが良かったです。近くに大きな市場もありませんので子どもにとって本当に良い経験になったと思います。子どもの作った新聞にとても感動しました。スタッフの皆さま、市場の皆さまありがとうございました。

・引越してから柳橋市場に行く事がなく、市場がこんな所って言うのも分かり、2人に1人スタッフが付いて頂き、お土産も美味しく頂きました。

【子供の感想】

・全てとっても楽しかったです。取材しながら値引き交渉できたのが楽しかったです。新聞づくりで文章の書き方を学びながら書けたところ。(10歳・男子)

・ていねいに新聞の書き方を教えてくれたのが良かったです。おいしいお菓子がたくさん買えたのが嬉しかったです。市場の歴史が知れたので良かったです。次に行ったときは他のお店も見てみたいです。他のイベントにも参加してみたいと思いました。
(10歳・女子)

・行く前は難しそうと思っていたけど、行ってみると楽しくて難しくなかった!(10歳・9歳男子)

・とても楽しかった。買ってきた物を自分がいかに値切ったか、本当は高いんだよと興奮気味に話していました。(10歳・男子)

・市場を体感するという経験はなかなか無いので、とても刺激的な一日になりました。小学生とお話をするのも楽しかったです。また、市場ならではのアットホームな雰囲気を楽しむこともできました。(16歳・女子)

・文章の書き方を教えてくれた事が嬉しかった。説明が分かりやすかったので、今後の新聞作りに役に立たちました。(11歳・女子)

・とても楽しかった。(10歳・男子)


このイベントは国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ基金」からの助成を受けて開催されています。
https://taikennokaze.jp/

josei_hyouji_2.jpg







posted by NPO百千鳥 at 13:47| イベント報告 | Event Report

2018年06月28日

イベントリポート 百千鳥茶会 -mindfulness-

DSC04398.JPG



京都の「陶々舎(とうとうしゃ)」と紡ぐ6月のお茶会、

今年は623日(土)に「百千鳥茶会 -mindfulness-」というテーマで開催いたしました。



DSC04228.JPG


案内人は陶々舎(とうとうしゃ)の天江大陸(あまえ だいりく)さん、三窪笑り子(みくぼ えりこ)さん。

瑞々しく独自の感性でお茶の世界に誘ってくれます。


第一部のテーマは「禅茶」。

禅宗と一緒に大陸から日本に渡ってきた抹茶。

自分自身の心と体と向かい合う座禅のワークショップで、茶道の原点ともいえる禅宗の古い形式で抹茶をお出ししました。


お茶室に入る前に、まずは力を抜いた正しい姿勢をレクチャー。

続いて、参加者の皆さんで「電車ごっこ」。

他者や体を操作する感覚、そして委ねる感覚を体験しました。


DSC04174.JPG




広い宇宙の中で、私達は流れに身を任せるちいさな塵のような存在。

年齢や経験、知識の量で優劣を競っても、この大きな宇宙の中では私達は皆おなじような存在。


動のワークショップが終わったら、いよいよ静のお茶室へ。

心を整えて、神社の鳥居をくぐるような気持ちで足を踏み入れます。


DSC04322.JPG


DSC04329.JPG



声を通して体を振動させ、呼吸のリズムをつかみ、

壁に向かって座禅を組みます。

なにもしない、ゆたかな時間。


DSC04201.JPG



ここでのお抹茶は、座禅の合間に頭をクリアにするためのもの。

お寺でお坊さん達が飲むためのお茶の作法は、無駄がなくスピーディーです。


まず抹茶の粉が入ったお茶碗が渡され、

ささげもったお茶椀に、目の前でお湯が注がれます。

清々しい蒸気に、心が洗われる気分です。



DSC04387.JPG



自分の手の中で、お茶が点てられていく不思議。

茶筅(ちゃせん)の振動とお茶の香りを感じながら、二人で息をあわせて一杯のお茶をつくりあげます。



DSC04389.JPG


キュッと飲み終わると、頭もしゃっきり。

気持ちを切り替えて再び座禅に戻ります。


ほんの短い座禅でしたが、会が終わるころには始まりのざわめきはどこへやら。

静かに、落ち着いた空気が流れていました。



第二部はがらりと雰囲気を変えて「親子茶」。

『お茶のお姉さん』の案内のもと、親子でお茶を点てあいます。


DSC04232.JPG


お菓子を食べるときには、次の人に「お先に」の礼をして

DSC04251.JPG


黒文字を使って切りながらいただきます。


DSC04263.JPG



お辞儀の仕方も、しっかり練習。

DSC04290.JPG



お子さんが心を込めて点てたお茶を



DSC04283.JPG



親御さんに飲んでいただきました。


DSC04300.JPG


第三部は毎年大人気の「酒茶」。

正式なお茶会でいただく懐石料理の最後の部分、「八寸(はっすん)」と呼ばれる肴とともに、日本酒を酌み交わしてお茶を楽しむ会です。


日が傾く頃、蝋燭あかりが灯り、

檜(ひのき)が香り立つ片口で日本酒を酌み交わします。


DSC04342.JPG


肴は、海のものがきびなごの一夜干し、山のものが畑から採れたてのとうもろこし。

シンプルな季節の味覚を楽しみながら話が弾み、日本酒がぐいぐい進みます。


DSC04325.JPG


楽しいひとときのあとは、お茶の時間。


布包みを開くと、小さな茶道具が現れます。


DSC04327.JPG



一風変わった茶筅は、竹の枝を集めて作った自作のもの。

驚いているうちに、魔法のようにお茶が点てられていきます。

お菓子は鮹松月(たこしょうげつ)さんの「紫陽花」。

このお茶会のために特注で作っていただきました。

Image from iOS.jpg


一服のお茶で心を洗って、mindfulで楽しいひとときが終わりました。


「こころ」をテーマに開催した今回の百千鳥茶会 -mindfulness-

いつもとは違った切り口でお茶を楽しんでいただけたなら幸いです。


★アンケートを一部ご紹介します。


1部:禅×茶】

・自分でお茶を点ててみたいと思いました。(男性)  

・おもしろかったで、時間がもっと長いならいいなと思います。(女性)※外国の方

・背筋がピンと伸びて、気持ちの良い空間でした。こんなにゆったりした時間を持てたのは久しぶりで嬉しかったです。(女性)

・茶と禅という組み合わせで新たなお茶の楽しみを感じることができた。立ったままでお茶を点てられ、それを受けるというスタイルは初めてだったけれど、2人でお茶が完成するのが新鮮でした。心も身体もリラックスできて豊かな時間でした。ありがとうございました。(女性)

・ただのお茶会ではなく、お話を聞けたり体験できたりで楽しかったです!!(女性)    

・四つ頭茶会!?のような、二人で点てるのは初めてで色々なことを感じることができました!!(女性)

2部:親子×茶】

・初めて参加してとても楽しかったです。親子のお茶会でしたが、子どもの方が私よりも上手にできていました。(男性)

・楽しかったです。先生たちも親しくてきものもとっても美しいです。もっと茶道のことを学びたいです。とっても美味です。初めて茶道のお茶飲みました。実は抹茶はあまりすきじゃなかったです。だからよかったです。(女性)※外国の方

《お子様の感想》

・お茶が美味しかった。わくわくした。

3部:酒×茶】

・とても楽しく気軽にお茶、お酒が楽しめてよかったです。自分でもお茶始めてみたいと思いました。ありがとうございました。(女性)

・千鳥があるお茶会で、茶事の雰囲気を味わえ、面白く時を過ごせました。(男性)  

・とても楽しく機会がありましたら又参加したいと思います。(女性)

・とても楽しく興味深いものでした。お茶の可能性が広がり、自分の中で組み立てていきたいと思う。(女性)




posted by NPO百千鳥 at 23:17| イベント報告 | Event Report

2018年02月27日

イベントリポート 自分だけの和菓子をつくろう

★DSC03716.JPG

2018225日(日)に子ども向け和菓子講座「自分だけの和菓子をつくろう」を開催しました。

Image uploaded from iOS (1).jpg


この講座の目玉は、プロの和菓子職人さんから直接指導を受けられるだけでなく、自分だけのオリジナルの和菓子をデザインできること。

最近は食べる機会が減っている和菓子ですが、若手の職人さんと直に触れ合うことで日本のものづくりの楽しさと難しさを学んでほしいと願って開催しています。

毎回キャンセル待ちまで出る百千鳥の大人気イベントで、今回は513歳のお子さん24名が参加しました。


講師は百千鳥ではおなじみ、福岡市中央区柳橋連合市場にある和菓子舗「鮹松月(たこしょうげつ)」の松尾和明さん。


DSC00653 (4).JPG

まずは職人さんが和菓子の生地「こなし」の作り方を実演し、和菓子がどんな材料でできているかを知ってもらいます。今年はご自宅でも作れるように、レシピも公開しました。

次に、基本的な和菓子の技法を学ぶために、練習用の和菓子「梅ほのか」を作ります。

tirasi.jpg

生地に色をつけ、餡を包み、型を押す…。
言葉にすると簡単ですが、魔法のように繊細に動く職人さんの手元を、こども達は食い入るように見つめます。

★DSC03767.JPG

★DSC03718.JPG

★DSC03728.JPG

実際に練習用の和菓子を作ると、色をつけるのも、餡を包むのも一苦労。
でも、どのお子さんも真剣に取り組んでくれました。


★DSC03784.JPG

★DSC03789.JPG



そして、いよいよオリジナル和菓子の制作です。

自分で描いたデザイン画をもとに、世界にひとつだけの和菓子を作ります。

★DSC03799.JPG


★DSC03812.JPG


DSC03805.JPG


★DSC03804.JPG


DSC03801.JPG


DSC03796.JPG


★DSC03777.JPG


こどもたちの自由な発想にあふれたデザインを、どうやって和菓子として実現するか。
こども達も、そしてスタッフも緊張する瞬間です。

四色しかない色素でどうやって出したい色を出すか、複雑な形のデザインをどうやって和菓子にするか、それぞれ悩みながら、講師の松尾さんにアドバイスをもらいながら和菓子づくりに取り組みます。

手が動きはじめると子ども達はみんな夢中。
それぞれに、個性が光る素敵な和菓子が生まれました。



☆DSC03830.JPG


☆DSC03910.JPG



☆DSC03883.JPG



☆DSC03869.JPG


☆DSC03833.JPG


☆DSC03872.JPG


☆DSC03837.JPG




2時間を超える和菓子づくりを乗り越え、満足いくお菓子ができたら、プロが作った和菓子「三色団子」と、日本茶インストラクターが煎れたおいしい煎茶で小休憩。

口々に「おいしい…!」という声があがります。


★DSC03898.JPG


最後は、自分の作ったお菓子2種と、お家で練習するための「こなし」と餡玉をお土産に帰りました。



参加者の感想を一部ご紹介します。


【子どもの感想】
・自分が考えた和菓子が形になって面白かったです。

・楽しかったのでまた参加したい。

・こねて色をつけるのが楽しかった。

・難しかったけど楽しかった。

・とっても楽しかったし、説明がわかりやすかった。

・自分で作った和菓子は美味しかった。


【保護者の感想】

・参加人数が適当でフォローが行き届いていたので、安心してお任せ出来ました。ありがとうございました。

・和菓子を作る機会はないので参加できてよかったです。スタッフの方にかなりフォローして頂いたようで幼稚園児は参加しやすいと思いました。

・子どもの意思を尊重して活動させていただけたこと。楽しそうな姿を見て嬉しく思いました。

・和菓子ができるまでに、多くの工程と時間がかかっていることに触れることができた。

・職人さんの手捌きを目の前で子供達が見れ、和菓子作りを体験できて良かった。また、自分の好きなデザインを作れることも有りより意欲が湧いたと感じます。


・今まであまり和菓子を食べたことなかったけど、今日、自分で作って食べて楽しかったし、美味しかった。また行きたいと思った。

・とても楽しかったので、また参加したい。和菓子屋さんに和菓子を買いに行きたいと言ってます。


この子ども向け和菓子講座「自分だけの和菓子をつくろう」は、日本の食を通して四季の移り変わりを感じる豊かな心を育みながら、作り手との交流を通して食への感謝の心を育むことを目的としています。


本講座では、小さなお子さん達にもきめ細かい指導を行うため、プロの職人さんや多くのボランティアスタッフにご協力いただきました。また、高品質なプログラムをできるだけ身近な価格でご提供するため、未来を担う夢を持った子ども達を育成する「こども夢基金」の助成金を得て開催されました。
この場を借りて御礼申し上げます。


josei_hyouji_2.jpg


この体験がこども達にとって将来の夢や職業、食の大切さを考えるきっかけになれば幸いです。










続きを読む
posted by NPO百千鳥 at 16:06| イベント報告 | Event Report