2019年10月06日

2019年10月15日(火)百千鳥昼書道部〜隷書〜

images.png

101日より九州国立博物館で「三国志」展が始まりました。

今回は曹操墓の出土品が海外初公開となるそうです。

今月の昼書道部ではこの「三国志展」にあやかりまして、中国、漢の時代に公式書体であった隷書を書いてみたいと思います。

 

_20191004_104940.jpg

私たちが通常使っている漢字は楷書ですが、隷書は秦の始皇帝のときに使われだし、前漢から後漢へとかなり長い間の通行文字となり、これが母体となって楷・行・草の三体が生まれました。

隷書のおもしろいところは、筆の動きが通常と違うんです。

逆筆といって通常とは逆の筆の入り方をするので、筆の上げ下ろしの際、一瞬頭で考えて行いますので脳内に血液がグルグルとめぐって頭の体操になる気がするんですよね。(あくまでも個人談)

このようにきっと脳活にもなっているだろうと思われる隷書の練習をご一緒しませんか?

隷書を書いた後に三國志展を観に行くのも博物館の新たな楽しみ方になるかもしれませんね。

道具はこちらですべて準備していますので手ぶらでお越しください。

FB_IMG_1570155815388.jpg


■日時:1015()10:3013:00

■場所:NPOボランティアセンターあすみん
             セミナールームA

 福岡市中央区今泉1-19-22西鉄天神クラスビル4

(ソニーストア天神福岡が1階に入っているビル)
 https://goo.gl/maps/Ry7VVYauz8oTGUJ17

■会費:大人1,500円・こども(小中高生)500

●お申込み・お問い合わせ
 momochidori.npo@gmail.com

posted by NPO百千鳥 at 22:19| イベント情報 | Event Information