2016年08月25日

【イベントレポート】夏の和菓子とすずかぜ茶会「ぼくの和菓子」




デモ3松尾さん.JPG



2016821日(日)は、3回目の和菓子づくりワークショップ「夏の和菓子と涼風茶会」が開催されました。


若手の和菓子職人から直接和菓子づくりを習える大好評のワークショップ、今回は初の試みとして「自分のつくった和菓子をお茶室でいただく」という体験をしました。


こどもの部「ぼくの和菓子」の講師は、柳橋連合市場の老舗和菓子店「鮹松月(たこしょうげつ)」の四代目、松尾和明さん。


今回は、子どもたちのためにオリジナルの練り切り「すいか」をデザインしてくださいました。


かわいらしいまんまるのスイカに、お子さんたちも興味津々。

すいかHP.JPG




すいかの皮に縞模様を入れる作業がなかなかむずかしく、どのお子さんも真剣です。

苦戦するお子さんもいらっしゃいましたが、苦労してつくった和菓子を包丁でカットする瞬間の感動はひとしお。


すっと包丁を入れて、きれいに割られたすいかの断面から赤い果肉が顔をのぞかせると、子どもたちの表情が輝きだしました。



和菓子作りスイカの皮.JPG


和菓子作りえいとくん.JPG

和菓子作りこころちゃん.JPG

和菓子作り子ども3人.JPG

和菓子作り柏木兄弟.JPG


つくった和菓子は全部で3つ。

2つはご自宅へのお土産に、1つはお茶室で抹茶とともにいただきます。


今回、新たにお茶室の体験をいれたのは、子どもたちががんばってつくった和菓子を、一番おいしい環境で味わってほしかったから。


障子を通してやわらかい自然光が差し込むお茶室では、和菓子も照明の下で見るときとはまた違った陰影で見えてきます。



子ども茶会.JPG




お茶室で子どもたちをお迎えしたのは、大分県中津市の老舗茶舗「丹羽茶舗」の五代目、丹羽真一さん。


やさしい物腰で、子どもたちに抹茶の点て方をレクチャーします。



丹羽さん子ども1.JPG


自分の手で抹茶を点てたら、保護者の方と交換していただきました。

「抹茶美味しい。好き。」や「ちょっと苦いけど飲む!」など気軽に笑顔で伝えてくれます。

                             

お茶会こころちゃん.JPG 


和菓子づくりでの真剣な表情とは打って変わって、リラックスした表情で過ごせました。


みなさんの感想を一部ご紹介します。


・すこし、つつむのがむずかしかったです。先生はかんたんそうにしていたけど、むずかしかったです。(女子8歳)


・たのしかったです。お茶はにがてでのめませんでした。つぎはのめるようにがんばります。(男子4歳)


・最初に先生が作っているのを見たときは、かんたんに見えたけど、自分でやってみるとむずかしかったです。楽しかったです。ありがとうございました。(女子10歳)


・早くつくらないとかわいてしまうので、むずかしいと思いました。またこんどするきかいがあれば早くつくりたいです。(女子10歳)


・さいごのすいかのかたちがたのしかったです。(女子6歳)

posted by NPO百千鳥 at 16:02| イベント報告 | Event Report