2016年07月04日

2016年8月21日(日)夏の和菓子とすずかぜ茶会


FullSizeRender (2).jpg



忘れられない夏をお菓子にしよう。

すいか、朝顔、昔ながらの風を送るウチワ…
なつかしい夏の思い出を込めた和菓子をつくりませんか?

いまがのびざかりの、フレッシュな和菓子職人さんがお菓子づくりを
丁寧に教えてくれます。

てのひらのうえで生地を練って、色をつけ、形をととのえる…
素材と向き合って、ちいさなお菓子をつくりあげるひと時を、
今年の夏の1ページに加えてください。

丹精こめた和菓子ができたら、和菓子をたずさえてお茶室へ。

お茶屋の若旦那が亭主をつとめる「すずかぜ茶会」が
あなたをお待ちしています。
自分でつくった和菓子を味わいながら、一服の抹茶をどうぞ。

きっと、心に吹く涼風を感じていただけると思います。

お子様向けの「ぼくのわがし」では、和菓子づくり体験は
 お子さまのみとなります。保護者の方は、お子さんのつくった和菓子
 を「すずかぜ茶会」で一緒にお召し上がりいただけます。


『ぼくのわがし』

すいかHP.JPG


〈日時〉2016年8月21日(日)10:30〜13:00

〈参加対象〉5〜18歳(学生) (定員15名)

〈参加費〉子ども2,500円、保護者1,000円(お茶会)

講師:松尾和明氏  
柳橋連合市場にある創業81年目の和菓子店『鮹松月』
の4代目。
高校卒業後、京都の老舗和菓子店「末富」にて5年

間の修行の後、福岡へ戻る。日々、四季折々の可愛い和菓子
作りに情熱をかけています。



『おとなのわがし』

涼風HP.jpg


〈日時〉2016年8月21日(日)14:00〜16:30

〈参加対象〉18歳以上 (定員20名)

〈参加費〉大人4,500円

講師:一木武志氏
大分県中津市にある創業91年目の和菓子店『武蔵屋
総本店』の4代目。東京の『釜(かまん)人(ど)鉢(はち)の木(き)』
にて6年間修業。和菓子品評会『東和会』の最優秀技術賞受賞。

現在は家業の傍ら、和菓子の魅力を伝える活動を行っています。


松尾、一木ツーショット.JPG



【すずかぜ茶会】

和菓子が出来たら、お茶室へ。 

自分で作った和菓子を味わう、
小さなお茶会をひらきます。


亭主:丹羽真一氏
大分県中津市の日本茶専門店「丹羽茶舗」5代目。2012年
「丹羽茶舗喫茶室」をオープン。煎茶や抹茶の魅力を伝える
活動を行っています。2014年より、当NPO主催「はじまりの
茶会」の
亭主を務めています。


niwa2 (1).jpg



【会場】養生カフェことほぎ

福岡市東区箱崎1-3-8 アシストレジデンス桜離宮1階

●アクセス:JR「箱崎」駅東口から徒歩8分

地下鉄「箱崎宮前」駅1番出口から徒歩7分

西鉄バス「箱崎1丁目」から徒歩2分

●駐車場:12台(カフェ3台、黒木クリニック9台)

《備考》バリアフリートイレ有り。

車椅子の方もご参加できます。詳しくはお問い合わせください。



〈お申込み方法〉

Eメール(hearty.npo@gmail.com)にて

@氏名A年齢BメールアドレスC電話番号Dご希望のイベント日をご記入

のうえ、お申し込みください。

なお、参加費は事前振り込みによるお支払いとさせていただきます。

ご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

posted by NPO百千鳥 at 21:22| イベント情報 | Event Information