2017年08月23日

イベントリポート 8月18日百千鳥夜書道部

PICT_20170818_212454.JPG


お盆明けの8/18(金)19:30〜21:30まで
赤坂オンランプにて夜書道部が開催されました。

8月のお題は…
「麦酒」「枝豆」「晩夏」「残暑」の4文字で、
お手本は京都の神郡宇敬先生より送っていただきました。
どの文字も美しく、どれを書こうか迷ってしまいます。


PICT_20170818_204705.JPG


「麦酒」と「枝豆」なんて書いていると、
仕事から解放されほっとした金曜日の夜に、本当に枝豆をつまみながら、
冷え冷えのビールを飲んでいる気になってくるから不思議です。

確かに、確かに私たちは書道をしているのですけど…
目をつぶるとそこはビアガーデン。
書でひと時の涼を楽しみました。

あとこれだけの書体を練習して自分のものにできたならば、
居酒屋メニューなんて書けるのではないかしらんなんて思ったりも。

またまた新しい書道のかたちを発見しました!
皆様もひょいと気軽に夜書道部へ遊びにきてくださいね。
手ぶらで来られるのがいいんです。

来月の夜書道部は9月15日(金)19:30〜21:00です。
どうぞお楽しみに!
posted by NPO百千鳥 at 22:27| イベント報告 | Event Report

イベントリポート 英語サロン‐Finding Japan-第3回

IMG_1337.jpg

8月4日の英語サロン-Finding Japan-のテーマは

“Why do Japanese people avoid eye contact?”


「日本では人と話す時、相手の目をあまり見ないので不思議な感じがすると外国の方から言われます。コミュニケーションにおける文化の違いを話してみましょう」

IMG_1250.jpg

IMG_1252.JPG

ゲストファシリテーターのファリナさん(ドイツ)から質問です。
「日本の地下鉄やバスに乗ったとき、知らない人と目が合うと日本人はすぐに目を反らしたり、下を向いたりしますね。なぜですか?」

海外では、乗り物やエレベーターの中などでは、知らない人と目が合うと軽く挨拶したり、会話をしたりします。
なぜ、日本人は目をそらすのでしょうか?
「恥ずかしいから」
「ずっと目を見られると落ち着かない」
「じっと見られると『私の顔に何かついてるのかな?』って思う」
「ビジネスの話しの時は目を見て話す」
などなど、様々な意見が出ました。

「ドイツ人は話を聞くときは、相槌を打たずに静かに相手の話を聞きます。日本人は『はい、はい』『うん、うん』『なるほどー』などしゃべりながら相槌をするから、『本当に私の話をちゃんと聞いてるのかな?』と思ってしまいます。

以前こんなことがありました。日本の大学教授と話をした時、相槌を打たずにじっと話を聞いていたら『私の話しを聞いていますか?わかりますか?』と言われました(笑)」

そして、少しずつ文化や習慣の背景について話が進んでいきます。
「国土の狭い日本では、争いごとが起きないように目を合せることを避ける」
「江戸時代までは、身分の上の人と目を合せて話をしてはいけなかった。その文化の影響も残っているのかもしれません」
「眼をとばす、という言葉があります。闘いを避けるために目を合せない」


そこで飛び出てきた言葉が「目は口ほどに物を言う」。
海外では「The eyes are the window to the soul」
ということわざがあるそうです。

「The eyes say more than mouth」
という日本語のことわざと合わせて、このフレーズを皆さん熱心に覚えていました。

日本語でリポートしましたが、この内容は全て英語で自分の言葉で皆さんは話しをしています。
初心者の方も参加しています。
意見が言えるようにフォローしながら進めていますから、ぜひ皆さん気軽にご参加ください♪

次回は9月8日(金)19:00〜を予定しています。
詳細が決まりましたら、またお知らせしますね。

posted by NPO百千鳥 at 00:12| イベント報告 | Event Report