2017年06月06日

イベントリポート「英語サロン Finding Japan」

Image uploaded from iOS (4).jpg

6月2日(金)は初企画「英語サロン Finding Japan」を開催しました。

第1回目のテーマは“Why do people slurp when eating noodle?”

「日本では麺類を食べるとき、すすることがあります。
外国人からその音が不快との声も聞きます。すする文化について話しましょう」

「えーーー?! そんなこと日本人でもわからないよ!」
「はあ〜難しい!」という声が上がり、頭を抱える方もいらっしゃいました。


Image uploaded from iOS (3).jpg


「日本人は、礼儀正しくて、静かで、マナーがいいという印象を持っていた。
だけど初めてラーメン屋さんへ行ったとき、
みんなが音をたてて食べているのを見てビックリした。
とてもショックだった」と話してくれたローランさん。

この話をきっかけに、皆さんから意見が出はじめたところで、
初級と中級以上のレベルに分かれてディスカッションをはじめました。

なぜ麺をすすって食べるのか?
パスタの時はどお?
お箸で食べるときとフォークで食べるときは?
などの疑問についてさまざまな意見が出ていました。

後半に、再び全員でディスカッションの内容について発表し
意見を共有しました。


ファシリテーターのNishidaさんが、最後に全員に質問しました。
「もし、あなたが麺をすすって食べているのを外国人が見て驚いたり、
不愉快そうな顔をしたらどうしますか?」

“Sorry, Japanese style. It’s slurping usual in Japan.”

“Don’t surprise, relax. Let’s enjoy noodle! ”

“Let’s enjoy noodle while you are in Japan, you can do the same.”

(皆さんが思い思いに自由に発言した英語を原文のまま掲載しています)

日本人にとっては当たり前だと思っていたことを改めて考え、
英語で説明するというのは意外に難しいものです。

曖昧な表現の多い日本語を使い慣れている私たちには、
英語だと表現が率直でストレートになるということも
新たな発見でした。



securedownload.jpg



参加者の声;

・普段考えないテーマについて英語で表現することの難しさを感じたが、
皆でいろいろと言葉を出し合って作りあげていく楽しさもあり、
話すことに興味が湧いてきた。

・クラスを分けてもらったので参加しやすかった。
レジメがあったのでありがたかった。

・日本文化について知らないことが多いですね。それを学ぶのはここですね。

・自分の英語は間違っていると思ったけどエイヤッ、話しちゃえ!と英語を
話せたのが良かった。いつもは恥ずかしいと思うのですが…雰囲気が良かったからかな。

女性7名、男性3名の10名の方(満席!)にご参加いただきました。
ありがとうございました。
    
次回は7月7日(金)19時〜20時の予定です。
※開催日と場所等は変更される可能性があります。
確定次第、また改めてご案内します♪


posted by NPO百千鳥 at 16:15| イベント報告 | Event Report