2017年02月21日

イベントリポート「自分だけの和菓子をつくろう」

☆DSC01990.JPG



219日(日)は「自分だけの和菓子をつくろう」でした。


(本会は子ども達の健やかな成長を願う「福岡県青少年アンビシャス推進運動」の助成を受けて開催されました)

昨年から始まった和菓子づくりワークショップも今回で4回目。毎回募集期間中に満席となる百千鳥の大人気イベントです。

このワークショップの目玉は、若手の和菓子職人さんから直接和菓子の指導を受けるだけでなく、自分だけのオリジナルの和菓子をデザインできること。

講師は、福岡市中央区柳橋連合市場にある和菓子「鮹松月」の松尾和明さんです。 

               

今回は518歳の20名(うち3名は外国人留学生)の子どもたちが参加しました。
すでに2回目、3回目の参加のお子さんもいらっしゃいます。

まずは練習もかねて、全員で季節のテーマ和菓子「桃の花」を作りました。

職人さんの実演を真剣なまなざしで見つめる子どもたち。職人さんの手つきを真似たり、実際に使う道具を「これはなにをする時に使うんだろう…?」と不思議そうに手に取って見たり。
本物に触れる貴重な体験となりました。



DSC02001.JPG



☆DSC01975.JPG


そして、いよいよオリジナル和菓子の制作です。
自分で描いたデザイン画をもとに、世界にひとつだけの和菓子を作ります。 


☆DSC02058.JPG



☆DSC02069.JPG



何個もデザインを考えてきてくれたお子さんもいて、独創的なデザインが並びます。
このデザインをどう実現したらいいんだろう…と最初は子どもたちも心配そう。
でも講師の松尾さんにアドバイスをもらいながら、作りたいもののイメージが形になってくると、みなさん夢中で作り始めました。

どれも子どもたちの個性が光る素敵な和菓子が完成しました。




☆DSC02036.JPG



☆DSC02029.JPG



☆DSC02072.JPG



☆DSC02061.JPG



〈自分だけの和菓子コレクション〉
作品を一部ご紹介します。



IMG_9478.JPEG


IMG_9477.JPEG


IMG_9476.JPEG


IMG_9475.JPEG


IMG_9474.JPEG


IMG_9473.JPEG


IMG_9472.JPEG


IMG_9471 (1).JPEG



☆DSC02126.JPG



参加者の感想を一部ご紹介します。
〈子どもの感想より〉原文のまま紹介します

・とても楽しかったです!!きじにちょうっとだけ、ちゃくしょくりょうをつけただけで、いろがこくなるので、むずかしかったです。家でもチャレンジして作りたいです。I enjoy this class. (10)

・はじめて和がしをつくりましたが、とても楽しかったです。
最初は上手にできなかったけれど、アドバイスをもらい2回目は成功しました。
むずかしかったけど、オリジナルのわがしをつくれたのでよかったです。

10歳)

・少しむずかしかったです。これを続けている先生がすごいなぁと思いました。
今日のことを、友達といっしょにはなしてみたいです!(10歳)

・今日の和菓子作りはいい体けんだと思います。楽しかったです。
また和菓子作りたいけんをしたいです。
もっともっと和菓子を作ってめいじんになりたいです。(9歳)

・今日は本当に楽しかったです。ありがとうございます。
みんなはやさしくて、面白くて、せつめいしましたので、作くりこと少しできました。
日本の文化を学ぶことできたので、うれしいです。今は自分でわが子を作くれますので、本当にうれしいです。
ありがとうございます。(留学生・フランス18歳)

・今日のわがしを作くりかたのじゅぎょうありがとうございました。
楽しくて、おもしろくてよかったです。先生から色々な作くりかたをいただきました。
また作くりたくなりました。あたらしいきょみが出てきました。
(留学生・フランス18歳)

・今日はすごく楽しかったです!わがしをつくることがありませんでした。
聞いたことがありませんでした。日本の文化が面白いですから、本当に楽しかったです。
また来年わがしづくりをしたいです。ありがとうございました!
(留学生・アメリカ18歳)

・今日の、わがしづくりは、わがしの作り方などわがしにかんするいろいろな事が学べたので良かったです。

10歳)

・少し難しかったけど、がんばってつくったら、たっせいかんがもてた。(10歳)

・ちょっとむずかしかったけどもうちょっとしてできました。
とても楽しかったです。(9歳)

・ももの花のやつは、かんたんでした。どうしてかとゆうと、まえすいかをつくったからです。
すごくたのしかったです。(7歳)

・かぶとむしをつくれてうれしかったです。
かぶとむしのつのをたてるのがむずかしかったです。(6歳)

・たのしかったです。じぶんのでざいんのわがしはびっくりしました。(5歳)

・たのしかったです。見ているときがたのしかったです。
(4歳・お母さん代筆)

・わがしづくりはむずかしかったけどたのしかったです。(7歳)

・まざっておもしろかった。またしたい。(6歳)

・ちょーたのしかったです。また和菓子を作りたいです。
これからもよろしくお願いします。
10歳)


・いろんなことをしてたのしかたです。またしたいです。(6歳)

・わがしを作るのが楽しかった。桃の花は難しかったです。
(5歳・お母さん代筆)

・さくひんつくるのたのしかった。(5歳)

【保護者の感想】

・こどもたちが楽しそうに和菓子を作っていた。

・季節感、独創性ともに味わえる素敵なイベントでした。

・テーブルに2名サポートしてくれる方がいて安心できました。
皆さん、丁寧に優しく教えて頂いてありがとうございます。

・自分が作りたいものを作れて本人もとっても楽しそうでした。

・大人でも体験できないようなことをさせていただいた。
親はあえて関わらない環境にしてあったところ。
自分で頑張ろうとするから、親としてもあれこれ言いたくなるのを我慢する良い経験となった。

・目の前で職人さんが和菓子を作るところが見られた。

・こどもたちがそれぞれのオリジナルを作れるという点がよかった。

・和菓子を自分で作る機会なんて本当に良い経験をさせていただきました。

・オリジナルの和菓子を作れた。持ち帰りの材料が今回あったのがよかったです。

It was really great! I think its really important for kids to learn about Japanese culture and learn in a hands on way.

この「自分だけの和菓子をつくろう」は、昨年度より3年間行う「福岡県青少年アンビシャス推進運動」の助成を受けた「食育の推進」活動の一環として開催されました。

「自分だけの和菓子をつくろう」は、日本の食を通して四季の移り変わりを感じる豊かな心を育みながら、作り手との交流を通して食への感謝の心を育てることを目的としております。

子どもたちが和菓子職人と身近に触れ合える本イベントは、ものづくりや食につながる仕事を垣間見ることができる貴重な機会になったのではないでしょうか。

この体験が子どもたちにとって職業や夢、食の大事さを考えるきっかけになればと願っています。        

posted by NPO百千鳥 at 15:28| イベント報告 | Event Report